七宗町特定不妊治療費助成事業について


 不妊で悩む夫婦の経済的負担の軽減を図ることを目的とした事業です。指定された医療機関において、特定不妊治療(体外受精か顕微授精)を受けた夫婦を対象に、1年度あたり10万円を限度に通算5年間助成金が支給されます。

・対象となる治療:体外受精か顕微授精
・助成を受けることができる人:次の要件を全て満たす方です。
・夫婦どちらか又は両方が市内に住所があり、法律上の婚姻をしている夫婦
・岐阜県が指定した医療機関において、不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた夫婦
・助成内容
・1年度(4月~翌年3月)あたり10万円を上限
・通算 5年間助成
・指定医療機関
 岐阜県が指定している医療機関(リンク先でご確認ください)


・申請方法
治療が終了した日の属する年度内に、生きがい健康センターに申請してください。
<申請書類>
(1)七宗町特定不妊治療費助成事業申請書(PDF756KB)
(2)七宗町特定不妊治療費助成事業受診等証明書(PDF657KB)
(3)指定医療機関が発行した不妊治療費の明細がわかる領収書
(4)法律上婚姻をしている夫婦であること証明する書類
   :住民票(夫及び妻の両方の記載があるもの)
   *夫又は妻が世帯主でない場合は不可戸籍抄本など
(5)夫及び妻の住所を確認できる書類
   :住民票、免許証、保険証の写しなど
(6)岐阜県特定不妊治療費助成事業の対象となった方は、その承認決定通知書
   *承認決定通知書がある場合は、(4)法律上婚姻をしている夫婦であること証明する書類の添付は不要

●リンク 岐阜県特定不妊治療費助成事業手続案内

PDFをご覧になるには、AcrobatReaderが必要になります。お持ちでない方は、下記アイコンをクリックしてダウンロード(無償)して下さい

アクロバットリーダーダウンロード


相談及びお問い合わせ先

  • 七宗町役場(住民課健康係)
    相談受付時間(平日のみ)8:30~17:15
    電話:0574-48-2046(生きがい健康センター)