日本最古の石博物館

「20億年前からのメッセージ」日本最古の石が今まさに語りはじめる。

日本最古の石博物館
日本最古の石博物館 内観 外観

「日本最古の石」とは西暦1970年(昭和45年)に飛騨川河床の上麻生礫岩から発見されたもので、20億年前の片麻岩です。「日本最古の石博物館」には、この20億年前の片麻岩をはじめ「地球最古の石」や「ストロマトライト」など地球の誕生から現在に至るまでの46億年の歴史がわかる資料が展示されています。
地球の環境の変遷や人と自然とのかかわりを学ぶ生涯学習の場として広くご利用下さい。

開館時間
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

休館日 木曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
国民の祝日・振替休日の翌日
年末年始(12月28日~1月1日)
入館料
個人 団体
(20名様以上)
個人パスポート
(1年間有効)
小中学生 100円 80円 300円
高校生・70歳以上 200円 160円 600円
一般 300円 240円 900円
未就学児 無料
館内ご案内
1階及び地下1階の展示内容

イベント情報 日本最古の石博物館公式Facebookにて情報を公開しています。
交通アクセス 周辺図

【お問い合わせ先】
岐阜県加茂郡七宗町中麻生1160番地
日本最古の石博物館
TEL:0574-48-2600
FAX:0574-48-2601