総合計画・プラン


自然と歴史がふれあう環境文化のまち”七宗”の創造


七宗町第五次総合計画(平成28年度~平成37年度)

 「七宗町第四次総合計画」に基づき、まちづくりを進めてきた平成18(2006)年以降は、少子高齢化と人口減少の進行、社会経済のグローバル化、消費型社会から循環型社会への転換、自主自立の分権型社会への移行等、町民生活や地方自治体を取り巻く環境が大きな変革期を迎え、新たな対応が求められるようになってきました。
 さらに今日では、さらなる人口減少と少子高齢化の進行を背景に「消滅可能性都市」が議論され、地方自治体には自律的な活性化を促す「地方創生」に向けた取り組みが求められています。こうした潮流を踏まえつつ、多様化する町民ニーズに的確に応え、町民の生活向上とまちの持続的な発展を図るため、「七宗町第五次総合計画」を策定します。


七宗町過疎地域自立促進計画(平成28年度~平成32年度) (PDF538KB)

 「過疎地域自立促進特別措置法」により、本町は過疎地域として位置づけられており、町の「過疎地域自立促進計画」を作成することにより財政的な優遇措置が受けられるため、別紙の計画を策定しました。


[ このページの先頭へ ]