蒸気機関車展示館

蒸気機関車 「C12163」を展示しています

 七宗町にはJR高山線、上麻生駅前に、蒸気機関車「C12163」が展示してあります。
 本機は、昭和12年7月に日本車輌(株)で製作され、昭和20年7月戦災で転籍簿が焼失したので以前は不明ですが、昭和17年5月に美濃太田機関区にいたことが確認されています。
 本機には華やかな記録はありませんが、戦中・戦後の当時はローカル線の花形で山深い越美南線や高山本線で旅客列車引き汽笛を鳴らして走る姿は、素朴は村の人々大変可愛がられていました。
 昭和46年小郡機関区を最後に引退することとなり、この間実に150万kmを走行しました。(月まで約2往復、地球を約36周走行したことになります)

展示車両 C12163


C12163 前部より

機関室


C12163 後部より

展示室

C12163の歴史とスペック

 本機は昭和7年より昭和22年までの15年間に製作された282両の内の163番目の車両です。
 C12型は小型軽量で軸重が軽いのが特徴で客引車両として使われたものが多く、一部車両は台湾総督府鉄道や、樺太庁鉄道向けに製造されたものもあります。

*主要諸元(C12163)
C・・・・・・・・動輪が3個
12・・・・・・・型式
163・・・・ ・163番目の製造
全長・・・・ ・11.35m
全高・・・・・・3.9m
軌間・・・・・・1.067m
動輪直径・・1.4m 
蒸気圧力・・14.0kg/cm2
整備重量・・50.05t
空車重量・・39.54t
製造所・・・・日本車輌(株)
製造日・・・・昭和12年7月21日
異動履歴・・昭和17年5月 美濃太田機関区
        昭和20年5月 小松島機関区
        昭和42年9月 平機関区
        昭和43年10月 高崎機関区
        昭和45年10月 小郡機関区
走行路線  越美南線 美濃太田~北濃
        高山本線 岐阜~高山
走行距離  150万km(月まで約2往復、地球約36周)

*展示車両をご見学いただけます。(ただし、土・日・祝祭日、年末年始は見学できません。)
 こちらの書類にご記入の上、七宗町役場住民課までご連絡ください。
機関車展示場見学申込書兼誓約書(PDF52KB)


 連絡先:七宗町役場 住民課
 電 話:0574-48-1112

[このページの先頭へ]