平成24年度決算


 平成24年度の一般会計の歳入決算は自主財源10億2,765万1千円(歳入の34.0%)で、国庫支出金・県支出金や町債などによる依存財源は20億18万円(歳入の66.0%)になっています。
一方歳出決算は前年度と比較し1億2,014万1千円の減となり、歳出で最も大きな割合を占めているものは民生費で6億2,333万円(歳出の22.2%)が支出されました。その主なものは、保育所管理費や障がい者福祉費、介護保険事業会計への繰出金などが含まれています。
 次に多いのは公債費で5億8,330万2千円(歳出の20.8%)が支出され、借入金の元利償還金(繰上償還を含む)として支出されました。
 次に多いのは総務費で4億9,792万1千円(歳出の17.7%)が支出され、その主なものは、庁舎エアコン(ecoタイプ)更新工事、日本最古の石博物館運営事業、町営バスの運行経費などが含まれています。

平成24年度決算の総額は

  • 一般会計の歳入:30億2,783万1千円、歳出:28億0,815万8千円
  • 特別会計の歳入:16億0,617万5千円、歳出:15億0,025万4千円

平成24年度 一般会計決算(単位:千円)
歳入 歳出
金額 構成率 金額 構成率



町税 672,571 22.2% 総務費 497,921 17.7%
繰越金 236,594 7.8% 民生費 623,330 22.2%
諸収入等 118,486 4.0% 公債費 583,302 20.8%
衛生費 245,347 8.8%
小計 1,027,651 34.0% 教育費 277,243 9.9%



地方交付税 1,343,780 44.4% 土木費 145,794 5.2%
国庫支出金 104,873 3.5% 農林水産業費 177,327 6.3%
町債 303,300 10.0% 消防費 162,921 5.8%
県支出金 168,027 5.6% 商工費・労働費 49,310 1.7%
地方消費税交付金等 80,200 2.5% 災害復旧費 0 0%
小計 2,000,180 66.0% 議会費 45,663 1.6%
合計 3,027,831 100% 合計 2,808,158 100%

平成24年度 特別会計別決算(単位:千円)
会計名 歳入 歳出
国民健康保険事業 665,838 607,076
介護保険事業 494,580 470,820
後期高齢者医療事業 67,497 64,456
簡易水道事業 234,511 224,973
下水道事業 140,595 130,075
神渕財産区 2,069 1,952
上麻生財産区 1,036 902
中麻生財産区 49 0
合計 1,606,175 1,500,254