平成28年度決算

 

 平成28年度の一般会計の歳入決算は、自主財源15億4,789万1千円(歳入の42%)で、国庫支出金・県支出金や町債などによる依存財源は、21億4,165万円(歳入の58%)となっています。

 

 一方、歳出決算は、前年度と比較し3億5,690万9千円の増となりました。歳出で最も大きな割合を占めているものは総務費で、10億7,627万円(歳出の30%)が支出され、ひちそうまちづくり寄附金や庁舎整備基金の積み立て、旧川並小中学校校舎他解体工事や可茂消防事務組合負担金などに支出されました。

 

 次に多いのは、民生費の6億9,641万5千円(歳出の19.4%)で、高齢者向け年金生活者等支援臨時福祉給付金や障がい者福祉費などに支出されました。

 

 次いで、借入金の償還に充てるための公債費4億6,013万5千円(歳出の12.9%)となりました。

 

 その他、教育費では七宗町体育館外壁改修工事、土木費では飯高橋改良工事などに支出されました。

平成28年度決算の総額は

  • 一般会計の歳入:36億8,954万1千円、歳出:35億8,248万9千円
  • 特別会計の歳入:18億63万4千円、歳出:16億3,307万1千円
平成28年度一般会計決算(単位:千円)
歳入 歳出
金額 構成率 金額 構成率



町税 640,114 17.3% 総務費 1,076,270 30%
繰越金 111,282 3.0% 民生費 696,415 19.4%
諸収入等 796,495 21.6% 公債費 460,135 12.9%
教育費 320,702 9.0%
小計 1,547,891 41.9% 衛生費 293,346 8.2%



地方交付税 1,438,596 39.0% 土木費 280,013 7.8%
国庫支出金 228,847 6.2% 農林水産業費 196,577 5.5%
町債 204,300 5.5% 消防費 157,599 4.4%
県支出金 168,302 4.6% 議会費 48,197 1.4%
地方消費税交付金等 101,605 2.8% 商工費 48,082 1.3%
災害復旧費 4,153 0.1%
小計 2,141,650 58.1% 労働費 1,000 0%
合計 3,689,541 100% 合計 3,582,489 100%

平成28年度一般会計決算(単位:千円)
会計名 歳入 歳出
国民健康保険事業 684,097 591,653
介護保険事業 593,568 541,012
後期高齢者医療事業 68,045 65,059
簡易水道事業 256,006 245,046
下水道事業 195,483 187,121
神渕財産区 2,313 2,136
上麻生財産区 1,073 1,044
中麻生財産区 49 0
合計 1,800,634 1,633,071