○七宗町補助金交付規則

昭和48年2月28日

規則第1号

(総則)

第1条 この規則は、七宗町の振興発展を図るため、団体及び個人が行う事業のうち公益的性格をもつもの又は町の重要施策に係る事業に要する経費について、この規則の定めるところにより、毎年度の予算の範囲内において補助金を交付する。

(補助対象事業)

第2条 補助金の対象となる事業等(以下「補助対象事業」という。)は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 公共的性質をもつ事業

(2) 住民の福祉、衛生に関する事業

(3) 産業の振興に関する事業

(4) 商工観光に関する事業

(5) 教育文化の振興に関する事業

(6) 団体等育成に関する事業

(7) その他町長が適当と認めたもの

2 前項各号の補助対象事業費及び補助基準等は、別表による。

(補助金の交付申請)

第3条 補助金の交付を受けようとするものは、次に掲げる書類を町長に提出しなければならない。

(1) 補助金交付申請書(別記第1号様式)

(2) 事業等計画書(別記第2号様式)

(3) その他町長が必要と認める書類

(補助金の交付決定等)

第4条 町長は、前条の規定による補助金の申請があつたときは、当該申請に係る書類を審査し、補助金の交付を決定し及びこれに条件を付した場合には、その条件を付して当該申請者に通知するものとする。

(事業内容の変更)

第5条 補助金の交付の決定を受けたものが、第3条の規定により町長に提出した書類の記載事項に重要な変更を加えようとするときは、あらかじめ変更承認申請書(別記第3号様式)により町長の承認をうけなければならない。

(実績報告)

第6条 補助金の交付決定を受けたものは、当該補助対象事業が完了したときは、すみやかに実績報告書(別記第4号様式)及び補助金請求書(別記第5号様式)を町長に提出しなければならない。ただし、団体育成等のために行う補助金請求書は、第4条の通知を受けた後に提出するものとする。

(監督)

第7条 町長は、補助金の交付の目的を達成するため必要と認めたときは、当該補助金を受けているものに対し、補助金の使途について必要な指示を行い、若しくは報告を求め、又は職員をして実地に調査させることがある。

(補助金の交付決定の取消し)

第8条 町長は、補助金の交付を受けた者が次の各号の一に該当すると認めるときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消し、又は既に交付した補助金の全部若しくは一部の返還を命ずることがある。

(1) この規則に違反したとき。

(2) 補助金の交付の条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な行為があつたとき。

(書類の経由等)

第9条 この規則により提出する書類は、所管課より総務課を経由しなければならない。

2 所管課及び総務課は、前項の書類に意見を付することができる。

(雑則)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

この規則は、昭和48年4月1日から施行する。

別表 略

様式 略

七宗町補助金交付規則

昭和48年2月28日 規則第1号

(昭和48年2月28日施行)